法定後見制度と任意後見制度を比較

成年後見制度という言葉はよく聞くけれど、その分類がどうなっているのかよくわからない、という方も多いようです。成年後見制度は、大きく法定後見制度と任意後見制度に分けられます。法定後見制度はその中で、判断能力に応じて後見、保佐、補助の三段階に分けられます。法定後見制度の利用には一定の判断能力の低下がみられることが条件となります。そのため、いまだ判断能力に問題があるといえない状態では申し立てができませんでした。しかし、自分が判断できなくなってから後見人等を選ぶことに不安を覚える方も多く、判断能力がしっかりしているうちにじぶんで後見人等を選ぼうという制度として、任意後見制度が生まれたのです。
任意後見制度は、元気なうちに信頼できる人を選び、任意後見契約を結び公正証書を作成しておきます。その後、判断能力が衰えた段階で家庭裁判所に申し立てをし、契約に従って後見業務を開始するのです。自分で後見人を選べること、依頼する項目を決めることができることなどがメリットといえます。自己決定という事を重視したい場合、後見業務を依頼したい人が決まっている場合などは任意後見制度は非常に役立つ制度であるといえるでしょう。

Filed under: 未分類 — dog 3:24 PM