制度の注意点とは?

成年後見制度には注意点があります。それは、被成年後見人となった人の人権が保証されるかどうかという問題があるからです。そもそも人権と言うのは、自分の意思決定を尊重されるかどうかということになってきます。そうした人権が、制度によって侵害されてしまう可能性があるのです。選択というのは人権です。どういう選択をするかによって、人権というのは変わってきます。しかし、成年後見制度は、その選択をどうにかして、被成年後見人を守ろうというのが、成年後見制度です。成年後見制度の対象となると、選択の自由が制限されてしまうことになります。成年後見制度の対象者が政治投票する権利というのは、保証されています。前まではそうではなかったのですが、裁判によって、そうした政治投票の権利も保証されるようになりました。ただ、成年後見制度の対象になったような人が選択した契約というのが、無効化されるということで、契約として不利に働くことは、あります。成年後見制度は、契約者の人権を守るものです。しかし、成年後見制度によって、人権を侵害されてしまうことは、ありえることなのです。成年後見制度を上手に利用することが、必要となってくるのです。

Filed under: 未分類 — dog 4:02 PM