制度を利用する際の条件

成年後見制度というものは、正確な意思表示ができない人に、財産や身体を守るために、代わりに意思を表示する人を建て替える制度です。成年後見制度に必要なものは、まず裁判所の決定が必要です。被成年後見人ということを裁判所に認めてもらう必要があるのです。成年後見制度で、被成年後見人だと判断されるには、知的障がいや精神障がい、または認知症などの高齢の病気によって、正当な意思表示ができないということが必要になります。そうした意思表示ができないということは、直ぐに騙されてしまったり、または不当な契約を不当な契約だと思わず契約してしまったりします。そうした意思表示というのは、不当なものです。そうしたものを正当にするために、制度が必要になってくるのです。正当な意思表示ができる人が代わりに契約をすれば、その人の人権が守られることになります。また、被成年後見人が契約したものというものは、取り消しができるようになっています。そのため、不動産などの大きな取引では、予め被成年後見人であるかどうか確かめるようになっています。そうした制度によって、取引をする者、全員が正当な取引として扱うようになるのが、制度の目的なのです。

Filed under: 未分類 — dog 4:02 PM