成年後見登記制度のメリットデメリット

成年後見登記制度とは、その人が成年後見制度を利用しているかどうかに関する情報を登記し、公開する制度の事を指します。この制度を利用することで、企業などの重要な職に就任しようとする人が成年後見制度を利用しているかどうか、また成年後見制度によって制限を受けている内容を確認することができます。
成年後見制度とは、高齢などの理由により本人にその判断力が著しく低下し、財産の管理や契約に関する良否の判断ができないと思われる場合に、家庭裁判所に申請することで後見人を立て、その人の判断なしでは契約などの行為が成立しないようにする制度です。成年後見制度を利用している人が悪徳な契約などを行った場合でも成年後見制度を利用している場合、後見人の承諾がない場合にはその契約が無効となるので、安心して財産の管理などを行うことができます。
但し、この制度にはデメリットがあり、制度を利用している人は自分で自由に契約ができなくなることと、選挙権を失うという事があります。また、登記制度を利用している場合には成年後見制度を利用していることが開示されてしまうので、企業の重要な職に就くことができなかったり、社会的な生活における制限を受けることがあります。

Filed under: 未分類 — dog 4:02 PM